バイナリーオプションブログ|究極のバイナリーオプション必勝法!

「60セカンズ」「5分トレード」それぞれに特化したバイナリーオプション必勝法をブログ内でご紹介しています!無料で個別指導も行っています^^

*

FOMCで利上げ時期の不透明感が薄れれば上昇トレンドか?

   

バイナリーオプションの無料指導をしています!
バイナリーオプション初心者の方や、勝率が上がらないという方のために完全無料で指導を行っています。0からわかりやすくバイナリーオプションで勝つための手法やコツを解説していますので興味がある方はぜひ参加してみてください。

指導企画については下記リンク先から詳細をご覧ください。
■60セカンズに特化した企画の詳細・お申し込みはこちら

■5分トレードに特化した企画の詳細・お申し込みはこちら

皆さんこんばんは。
カフカです^^

今日もドル円は材料がなく、ドル円は値動きは小幅で
107円台後半で推移しています。

FOMCを前に慎重な取引が続いているようで
下げ幅を縮小した日経平均株価がドル円や、
クロス円をサポートしている展開となっています。

今日は世界の投資家達が注目しているFOMCについての解説や、
私の予想を書いていきたいと思います。

今日から開催されますので、参考にしてみるのも
良いかもしれませんね^^;

FOMCとは何か?

FOMCとは(Federal Open Market Committee)の略称で、
日本語に訳すと、連邦公開市場委員会となります。

アメリカの金融政策の一つである、
公開市場操作の方針を決定する委員会のことを言います。

公開市場操作とは、中央銀行が行う金融調節の方法で、
通貨の流通量を調節することを言います。

FOMCは世界経済に大きな影響を与えるので
会議のあとに発表される声明文や、
議長の会見は世界中で注目されています。

FOMCはFRB(The Federal Reserve Board)連邦準備制度理事会という
アメリカの金融政策を決定する最高意思決定機関(日本で例えると日銀)
によって定期的に約6週間ごと、年8回開催されます。
必要に応じて随時開催されます。

そこではアメリカ地区連銀景況報告(ベージュブック)
をベースに議論され、マネーサプライの調整や金利、
為替レートの誘導などの方針が決定されます。
開催3週間後にFOMC議事録として公表される仕組みとなっています。

FOMC発表で相場はどうなるのか?

FOMC終了後には、政策金利の発表が行われますが、
利上げ・利下げの幅が予め表されている市場予想と
異なる結果だった場合に為替相場では価格が大きく変動することがあります。

しかし市場予想の想定内の場合には反応しないケースも
少なくありません。

そういった場合では特に次回のFOMCへの関心が強まります。
ですのでFRB議長の声明文には世界中から注目が集まり、
今後の金融政策の方向性を探るようになります。

次に政策金利の発表をした時にどういった
影響があるのかをお話していきたいと思います。

そもそも利上げとは、その国の中央銀行が政策金利を引き上げることを言います。
利上げを行うと、内外金利差が縮小・拡大することで
その国の通貨が高くなる傾向があります。

(例)
アメリカが利上げ⇒ドル高・株安傾向=円安・株高傾向

利上げをするということは景気が良いと判断されますので
投資家達はその国の通貨を欲しがります。
よってアメリカが利上げをするとドル買いが進み、
ドル高傾向となっていくのです。

FOMC後はサプライズ次第では大きく動く?

最後になりますが、
私独自のFOMC後の予想をしていきたいと思います。

あくまでも予想ですので信じるかどうかは
自己責任でお願いします^^;

今回でアメリカの量的緩和政策(QE3)が終了となる見通しですが、
市場には混乱もなく、予定通りと言えそうです。

アメリカの量的緩和政策は2008年から実施されています。
始めに実施されたのがQE1、2010年から実施されたのが
QE2、そして2012年から実施されたのが今回で終了予定となるQE3となります。

量的緩和政策とは何か?

予想を始める前にざっくりと量的緩和政策についてお話していきたいと思います。
量的緩和政策とは、通貨量を増やすという量的調整を行う
金融政策のことで、中央銀行が国債や証券などを買い入れることで
市場に資金を供給していきます。

  • QE1・・・サブプライムローン問題から発展した金融危機に対応するために
    実施された量的緩和政策の第1弾で、1兆7250億ドルが供給されました。
  • QE2・・・第2弾として、景気回復の促進とインフレ率の低下を防ぐのが目的として
    実施されました。合計6000億ドル分の米国債の追加購入が行われました。
  • QE3・・・第1、2弾で改善されなかった不動産市場の活性化と
    雇用部門の改善などを目的として実施されてきました。

上記のようにアメリカでは、サブプライムローン問題以降、
量的緩和政策が行われてきましたが、今回のFOMCで終了予定となります。

しかし先ほどもお話した通り、QE3が終了することに関して市場は
混乱もなく予定通りという意識ですが、
問題は『利上げ』がいつ行われるのか?
という部分になっています。

今まで量的緩和政策終了から6ヶ月後に利上げ開始の可能性の示唆があったり、
一部では2015年中の利上げ実施が見送られる
可能性も視野に入れている関係者もいたりと
利上げ時期の不透明感は依然として増すばかりです。

また、利上げのタイミングを示す文言として、
「政策金利を資産購入の終了後も相当な期間維持する」との文言があり、
この期間がどの程度変化するかで、利上げ時期の予想が変わってきます。

相当な期間がどの程度かは分かりませんが、
アメリカでの低インフレの進行など、
最近の経済指標からみても利上げ時期はもう少し先になるのでは
ないかとの見方が増えてきています。

以上のことからFOMC後の相場を予想するとなると、
利上げ時期が明確に分かるような内容がなければ
現状維持なのではないかと思います。

しかし現在では利上げがされるということで相場は底堅く推移していますが、
いつ利上げされるのかということに対して嫌気がさし、
一時的に下落という流れは考えられるかもしれません。

その中で仮に、利上げの不透明感を拭い去るようなサプライズがあると
相場は一気に熱を増し、上昇トレンドになることも十分あり得ます。

FOMCや雇用統計などで重要な発表があると、相場は勢いよく動きます。
60セカンドなどのバイナリーオプションの短期取引を利用すれば
短時間で大きな利益を得るチャンスになりますので
バイナリーオプションでも有効に活用しましょう。

10月28日(火)本日の取引結果

取引合計:10回(購入金額は一律50,000円です)
HIT:8回   OUT:2回
キャンセル:0回  レンジ外:0回
損益:+192000円
※クリックすると拡大します。
1028tr

脱サラ投資家の無料メールマガジン配信中!
脱サラ投資家カフカによる0から100を積み上げる投資メルマガを配信中です!
バイナリーオプションを極めたいという方はぜひ無料登録してみてください^^
(※迷惑メールは一切届きません。)

※は必須項目です

※お名前(姓名):
(姓と名はスペースで区切ってください)

※メールアドレス:

登録   解除   

 - バイナリーオプションブログ

  関連記事

no image
年内最後の取引となります。

現在の順位はいくつ??1日1回クリックお願いします♪ 海外バイナリーオプション指 …

kekka
本日の取引結果!+265000円

皆さんこんばんは。 カフカです^^ 昨日のFOMCで予定通り量的緩和政策が終了と …

no image
円安にメリットありな株は??

現在の順位はいくつ??1日1回クリックお願いします♪ 安部政権の金融緩和政策は世 …

no image
ポンド/円、2008年以来の170円台!

現在の順位はいくつ??1日1回クリックお願いします♪ 海外バイナリーオプション指 …

no image
今日は取引に集中できました^^

現在の順位はいくつ??1日1回クリックお願いします♪ バイナリーオプションの企画 …

バイナリーオプション必勝法
メルマガ読者様限定でバイナリーオプション必勝法の新企画についての告知があります!

バイナリーオプション必勝法公開指導について 年明けから先月まで行っていた、 ゼロ …

no image
ドル円、101円付近で堅調な動き。

現在の順位はいくつ??1日1回クリックお願いします♪ バイナリーオプションの企画 …

no image
今週の取引結果

現在の順位はいくつ??1日1回クリックお願いします♪ バイナリーオプションの企画 …

kekka
FOMC声明文発表も早期利上げはなしか?

バイナリーオプション必勝法の無料指導「第9期」募集中! 当ブログでは、バイナリー …

no image
今週の取引結果

現在の順位はいくつ??1日1回クリックお願いします♪ バイナリーオプションの企画 …


PAGE TOP